2005年07月14日

迷信

「夜に爪を切ると親の死に目に会えない」ってよく言いますよね。


なんででしょう?


一説によると
昔、爪を切るのに小さな刀を使ったらしく、
電気のない時代だから
暗闇の中で小さな刀で自分の爪を切るのは性格的に

無謀な奴

と考えられた。だから親よりも早く死ぬことが多いのさっ。


本当かどうかわかりません。あしからず。



n-sign.jpg
posted by AOC at 22:14| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5086824

この記事へのトラックバック

迷信
Excerpt: 迷信迷信(めいしん)とは、広く流布されているが科学的な根拠の全くない知識のこと。もしくは、それらを誤信することである。特に、社会に悪影響を及ぼすようなものを指し、多くは超自然現象的な内容を含む。「噂を..
Weblog: 占い辞典
Tracked: 2005-08-28 02:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。