2006年01月30日

キャラ2

前回に引続き、
キャラクターのお話。

なぜあんな目をしたキャラクターがウケるのか?
「無表情なキャラクターの方がウケが良い」といった話もあるくらいです。


セミナーにて聞いた話ですが、
日本人は他国の人よりも、
表情を読み取る力がある
らしいです。

つまり、
表情のちょっとした変化で、
その人の心境の変化を汲み取ることができる
ということのようです。


日本独自の曖昧な表現などを考えると
何となくわかる気がします。



キャラクターの話に戻ると、
無表情だけど、何か含みを持たせる
といったことが肝かもしれません。


含み?どうやって?
と思うかもしれませんが、あまり深く考えず。
大げさではなく、少し表情をゆるくするといったところでしょうか。


ドコモダケを例に挙げると、
口元のはじっこが少し上がっています。
そういうことだと思います。


この口が大きく開いて笑っていたら、
ここまで反響はなかったのではないでしょうか?


無表情だけど、悲しいなどといった負の感情は感じられませんし、
かといって特別嬉そうでもない。
でも何か微笑ましい。


もちろん、他にも様々な要因があるでしょうが、
そういったことを念頭に考えるのも一つの手だと思います。


しかし一番大切なことは
セミナーでも言ってましたが、
そのキャラクターに



愛情を注ぐ!

その一言に尽きると思います。



n-sign.jpg
posted by AOC at 21:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。