2006年01月30日

キャラ2

前回に引続き、
キャラクターのお話。

なぜあんな目をしたキャラクターがウケるのか?
「無表情なキャラクターの方がウケが良い」といった話もあるくらいです。


セミナーにて聞いた話ですが、
日本人は他国の人よりも、
表情を読み取る力がある
らしいです。

つまり、
表情のちょっとした変化で、
その人の心境の変化を汲み取ることができる
ということのようです。


日本独自の曖昧な表現などを考えると
何となくわかる気がします。



キャラクターの話に戻ると、
無表情だけど、何か含みを持たせる
といったことが肝かもしれません。


含み?どうやって?
と思うかもしれませんが、あまり深く考えず。
大げさではなく、少し表情をゆるくするといったところでしょうか。


ドコモダケを例に挙げると、
口元のはじっこが少し上がっています。
そういうことだと思います。


この口が大きく開いて笑っていたら、
ここまで反響はなかったのではないでしょうか?


無表情だけど、悲しいなどといった負の感情は感じられませんし、
かといって特別嬉そうでもない。
でも何か微笑ましい。


もちろん、他にも様々な要因があるでしょうが、
そういったことを念頭に考えるのも一つの手だと思います。


しかし一番大切なことは
セミナーでも言ってましたが、
そのキャラクターに



愛情を注ぐ!

その一言に尽きると思います。



n-sign.jpg
posted by AOC at 21:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

キャラ

本日、
キャラクターマーケティングのセミナーに行ってきました。

会社のブランディング戦略に、

キャラクターという選択肢を入れてみよう。

極端に簡単に言えば、こんな感じです。



事例として取り上げられたのが
ダイキン工業さんの「ぴちょん君」
ドコモさんの「ドコモダケ」
JRさんの「Suicaペンギン」などなど・・・。


うむうむと感心することが多かったです。
セミナーの内容に触れるのはまた時間のある時に
ゆっくりしたいと思うのですが、



私、これらのキャラクターの共通点を発見してしまいました。




我ながらビックリです。




これで云々どんなキャラクターを作ろうか
迷うことはなくなるかもしれません。




その共通点というのは・・・






eye.jpg






目が全部コレ↑。
(丸い皿型に白と黒)


結構、本気で言ってます。はい。



n-sign.jpg
posted by AOC at 19:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。


旧年中は大変お世話になりました。
本年も変わらぬご愛顧の程よろしくお願い致します。

制作室は、本日1月6日より通常営業となりました。
制作室一同、正月ボケを引きずり・・ではなく吹き飛ばして仕事に
望んでおりますので、今年もよろしくお願いいたします。

制作室一同
posted by AOC at 13:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。